Time CapsuleのHD交換。しかし…


Mac 使いなら必須とも言うべきTime Machine。ファイルのバックアップを自動的に外付けHDに取ってくれ、いざという時の復元も簡単。これをWiFiでやってくれるのがTime Capsuleである。バックアップ先はTime Capsule内蔵のHDである。全くもって夢のような機械だ。

私の持っているTime Capsuleの内蔵HDの容量は1TBだが、最近容量不足のアラートがバックアップに際して出るようになった。こうなると、古いバックアップファイルが削除されて、容量が確保されるようになる。その「古いバックアップファイル」なのだが,最近では数ヶ月前のファイルが削除されるようになった.このままだとその期間が短くなり,バックアップの意味が薄れて来る可能性がある.インターネットで調べてみると,幸いなことにTime Capsuleの内蔵HDの交換は簡単なようなので,この際1TBの内蔵HDを容量の大きいものに交換することにした.

タイミングのよいことに内蔵HDがやはり1TBの別のTime Capsuleで不要なものが出てきた.それで,内蔵HD交換という若干リスクのある作業はこちらですることにした.参考にしたのはこちら

Time Capsule HDD交換。

 

2TBの内蔵HDに交換.実際にやってみたら拍子抜けするほど簡単だった.細いネジ用のドライバーさえあれば,上のHPに書いてある通りやれば30分もかからない.あとはバックアップデータを移管するだけだ.それにはAppleのホームページを参考にした.

Time Machine バックアップを別の AirMac Time Capsule に移行する方法

しかしこちらがうまくいかない(詳細略).仕方がないので位置からバックアップをし直すことにした.

ところがこのバックアップが恐ろしく遅い!すでに24時間経ったのだが,まだ半分も終わっていない.WiFiによるものなので速度が出ないのだろうか.気長に待つしかないが,有線でバックアップファイルを移した方がよほど早かったと思っている.

広告
カテゴリー: Apple, じっと思う, Macintosh パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中