冷めたところで小保方問題

私は理系の,それも理論系を学んだ人間である.しかも,現在もその方面に関連した仕事に携わっている.そのことから,

サイエンティストというものは,最低限自分の研究に関わる真理というものには厳格で,それをrespectするものである

と信じてきた.しかし今回の小保方問題を見るに,残念ながら分野によってはこれは正しくないようである.

小保方氏は論文の中でデータとは違う画像を使い,しかもそれを指摘されると「単なるミスである」と言ったらしい.私はこれを聞いて呆れ返ってしまった.中身と違う資料で論証するという行為自体があり得ないもので,上に書いた意味で真理に対する冒涜だ.しかもそれを行なったことに対して科学者としてまったく悪びれたところが感じられないコメント.正直,一体どういう精神構造をしているのだと思った.また,小保方氏の学位論文で20頁に及ぶ他の論文からのコピーが見つかったことにも驚いた.科学的な事柄は一般に普遍性があるため,論文毎で基本的事実などの記述はそんなに変わらないことは理解出来る.例えば,ピタゴラスの定理の記述は誰が書いても似たようなものになるだろう.しかしそれが20頁にもなるというのはもう論外である.学術論文をなめているとしか思えない.

ところが更に驚いたことに,彼女だけではなく他にも他の論文からのコピーを行なっていると疑われる論文が数多く存在することが明らかになり,また理研の研究者の論文の中にも画像を細工したものがあることがわかってきた.こうなってくると冒頭に挙げた私の信念は打ち砕かれたと言ってよい.

一般に,実験系の研究者は理論系に比べて論文数が多い.また,その論文の大半が共著論文で,第一著者であるものに本人の論文としての価値が最も認められるとされる.今回の件をみるとそういった従来の見方,あるいは実験系の論文の価値自体に疑念が広がってしまう.

また,この”事件”の当初,「彼女の研究者としての倫理観の欠如はそれをきちんと指導しなかった方に問題がある」といった言説が主に彼女を擁護する立場からなされていた.しかし,これは噴飯ものの意見である.彼女が欠いている倫理は「対象をきちんと観察する」,「論理的に考察して何らかの結論を導く」といった科学研究の基礎の大きく下に位置するものである.例えてみれば,オリンピックの予選に出るアスリートがそのユニフォームを正しく着れるかどうかを問題にしているようなものである.そのようなものは本人の責任で身に付けるべきもので,それが身に付いていないことに対して,研究機関を非難することはお門違いも甚だしい.小保方氏については,雑音に惑わされず公正に粛々と処分さればよいと思うのである.

また,今回の件で改めて感じたのは日本社会の不正についての甘さ,そして非論理性である.非論理性とは,小保方氏のように特別な注目を集めた事件はその重要性の如何に関わらず大々的に問題とするが,耳目は集めにくいが実際はもっと重要な不正,例えば厚生省の役人と研究者が共謀して行なったデータのごまかし,などにはまったく無関心である.また,発覚された側も通り一遍の謝罪でお茶を濁し,当事者に対する処分も甘い.マスコミも追求しない.したがって再発防止などとはほど遠い.オリンピック誘致に際して,安倍晋三が大嘘をついても,スポーツ選手はまったく非難しない.招致が決まって喜ぶ人々を見て私はやるせなかった.嘘をついて勝ち得たオリンピック招致がそれほどうれしいのだろうか?私には理解出来ない.正々堂々と戦うスポーツマンシップとは何だったんだろう?

公職にあるものは,嘘をつく・ごまかすという行為をすれば厳しく罰せられるということが無ければこの社会はいつまでたっても歪んだままになるだろう.

 

カテゴリー: じっと思う | コメントをどうぞ

言い訳

blogはもともと備忘録として始めた。しかし最近、もっと手頃で便利な備忘録が増えてきた。iPhoneでのアプリやFacebookなどである。iPhoneで写真を撮る。それをコメントと一緒にノートアプリに残せば備忘録としては十分だ。外にメッセージを発したければFacebookに書けばよい。とまあ、こんな理由でblogの更新が止まっている次第である。ただ、Facebookの場合、友達に実名で意見を公開するわけなのでちょっと不適当だということもあり得る。なにしろ、Facebookに書き込むことは日々の雑多なことが中心なのだから。過度にシリアスなこと、政治的なことは書くのがためらわれる。
と言うことで、少しまたblogなんかで遊んでみようと思ったりしている。

カテゴリー: じっと思う | 2件のコメント

ジョブズが「大衆の期待を直感的に読みとった」だって?そんなこたぁない.

Steve Jobsが亡くなって,彼についていろいろな論説がなされている。誰が何を言っても構わないが,よく考えもせずに底の浅い話を作り上げるのは願い下げだ。10月10日の朝日新聞に「ジョブズが残したもの」という評論(?)が掲載された。東京芸大の准教授の藤崎圭一郎という人が書いたものだ。この著者は「デザイン論」というのが専門らしいが,どんな学者か私は知らない。ともかく,その記事は私に言わせればひどい内容のものだ。

まずタイトルに偽りありで,ジョブズが何を残したかを明示していない。これが最初の突っ込みどころ。しかし,全体を通してありきたりの事実と通説と根拠の無い独断に終始している。したがってまるで説得力がない。私がもっとも気に入らないのは,

大衆の期待を直感的に読みとって、それを即座に表現できるのがスターであるとすれば、ジョブズはスターである。

という文章である。この「スター」の定義もおかしなものだが,それは別にしてもジョブズが「大衆の期待を直感的に読みとって」とは浅薄な断定だ。iPhoneは革命的なデバイスで世界を変えたが,それは大衆が期待していたデバイスをジョブズが感じて作ったものだったのか?全く違う。Macintoshは大衆が期待してたものだったのか?違う。両者ともジョブズ=アップルが創造して,新しい道を切り開いたものだ。この人はジョブズのイノベーションということを全然分かっていないと断定しよう。

なぜこの人がこのような記事を依頼されたのか分からない。自分がよく分からないことを適当に書くしかないのであれば,断る勇気も必要だろう。

カテゴリー: Apple, じっと思う | コメントをどうぞ

iPhone 4SそしてSteve Jobsの死

新しいiPhoneがいよいよ発表されるという噂はずっと前から飛び交っていたが,とりわけ9月になるとそれはいろいろな情報とともにさらに数多く語られるようになっていった.新しいiPhoneがいよいよだということはこのblogでも書いた.しかし,なかなか発表されない.私はひょっとしてSteve Jobsの病状が悪化して,iPhoneのイベント開催のタイミングをつかみ切れないのではと疑っていた.そしてもうこれ以上は伸ばせないだろうという日程でのiPhone 4Sの発表とその翌日のSteve Jobsの死.彼の病状が全てを決めたとは言い切れないまでも,Appleにとって決して無視できない状況であったことは容易に想像できる.そういえば,ソフトバンクの孫社長が9月30日の新製品発表会で浮かない顔をしていた.そのときはauからもiPhoneが発売されるからだとの憶測があったが,実はSteve Jobsの状態を知っていたからではないか.

Steve Jobsの業績については誰もが認めるところだ.彼と同時代を過ごしてその革新的な製品の数々の恩恵をあずかったことは幸運というべきだ.彼のような才能に恵まれてアグレッシブに行動する人を見ると,私も自分なりに日頃の怠惰を反省せざるを得ないのである.

このようなときに私は時々思うのだが,遠い過去に何も無い中で宇宙がビックバンから始まったとして,そうしてここに知性を持った我々がいる.そこに芸術があり,イノベーションがあり学問がある.これは一体どういうことなんだろうかと…

カテゴリー: Apple, じっと思う, ずっと思う, インターネット | コメントをどうぞ

これは犯罪ではないのか?

今度の原発事故で分かったことは多々ある.いちばん大きなことは電力会社というのは優遇されているということだ.特に関心がなければ誰も電力会社の経営のこと何ぞは気にかけないのではあるが,独占企業であり,さらに絶対儲かるように電力料金を決められるというは驚いた.そして天下りの受け入れ.

これでは名ばかりの「民間企業」だ.もちろん役所でもない.役所ならば働いている人間は公務員でありその資産は公共のもので,役所にまつわる多くのことが監視の対象になる.しかし東京電力は違う.公共性は高いとはいえ「営利企業」として認められている.その一方で,電力料金という「税金」を持ち,しかもその額を自ら決めることができるだ.ここで「税金」と書いたが,その理由は実際のところわれわれは東京電力のいうがままに電力料金を支払うしかなく,それ以外の方法は選択できないからだ.支払う側からいえば税金と同じ扱いだ.

そしてさらに分かったことは,この優遇にもかかわらず彼らに対するチェック機能は杜撰(ずさん)だということだ.この記事を見て怒りがこみ上げてきた.

電気料金原価、6千億円高く見積もり 東電、10年間で

記事によれば「修繕費」というものを毎年実情よりも毎年多く計上して,それを電力料金の言下に上乗せしていたという.1,2年程度なら言い訳もたつかも知れないが10年というのは完全に確信犯だ.上に挙げたような東京電力に対する優遇に鑑みれば,電力ユーザーにとってはこれは完全に犯罪だ.私は法律にはまったく暗いが,刑事罰にあたいするようなものではないのか.

今度の事故を受けて東京電力の経営陣は総退陣すべきとの意見を聞く.実際,国会に提出した報告書がほとんど黒塗りであったり,被害者保証の書類が人を馬鹿にしたようなものであったりと,ちょっと常識では考えられない東電の対応を見てきたが,このニュースを聞いて経営陣の総退陣とともに過去に遡っての不正の摘発・指弾というものが必要だ.

カテゴリー: じっと思う | コメントをどうぞ

でもauは好きじゃない….

auからiPhoneが発売される(ようだ)というニュースは大きな反響で,いろんなところで報道されている.私はもちろんソフトバンクでiPhoneを使っているわけだが,1ユーザーとしては選択肢が増えたわけで歓迎すべきことではある.で,先走って私なりにこの二つのiPhone環境を比べてみたい.

まずよいくいわれるソフトバンクの電波の問題だ.私の環境ではこの電波は問題ない.当然圏外になることはあるが,以前に持っていたドコモの携帯だって圏外になるところはあった.iPhoneの場合はそれが心持ち増えたかも知れないという程度.auの電波はどうかは知らないが,電波は私には選択基準にはならない.いちばん問題になるのは通信費・サービスだ.電話はあまりしないがソフトバンク同士は一部の時間を除いて無料,家族同士は無料というのは魅力的だ.またパケットし放題の価格設定もドコモなどのスマホに比べて安い.新幹線N700系やマクドナルドでの無料WiFiもありがたい.auでそのような価格体系・サービスになっているか,そうだとすれば純粋に値段の高低が選択基準になる.ただし,auの回線ではiPhoneの使用には以下の制限があるらしい.

  • 通話中にはメールの確認やマップを見ることができない.これは通信規格の問題であるらしい.
  • MMS(キャリアメール)が使えない.これはauの独自規格のためらしい.それゆえ,これは改善される可能性がある.

私には最初の制限は気になるが,キャリアメールは元々使っていないのでどうでもよい.インターネットメールとSMSが使えればよい(SMSは使えるんだろうな?).よって上の二つはau選択の決定的な障害にはならない.実は私の心の中でいちばんの障害はau-KDDIという会社そのものなのだ.タイトルにあるように好きではないのだ.ドコモよりも好きではない.それは次のような理由からだ.

  1. KDDIの前身はKDDである.日本における国際電話を独占的に扱ってきた公社だ.NTTの国際電話版である.しかし,通話料金が馬鹿高い.NTTだって,今から思えば高いものだったがKDDはそれの比ではない.(たとえばここを見よ)価格が高いだけではなく顧客に対する態度も悪かった.その対応で不快な目にあったことが少なからずあったのだ.
  2. 経営陣の見識.先日も書いたがiPhone発売時におけるKDDIの社長の発言などは経営陣の体質をよく表している.昨年,経営陣は一新された新機軸を打ち出している.iPhone発売もその一つだが,これも「お尻に火がついた」ための苦肉の策との印象がある.ズレた感覚がそう簡単に矯正できるかどうか.
  3. Android のCMのヒドさ.Android auと銘打ちアイドルグループの嵐を起用して大々的にTV CMを放ったのは記憶に新しい.私はそのCMを見てこの会社の誠意を疑った.iPhoneで普通に出来ることを,さもauのスマートフォンならではの機能のように紹介していた.これは消費者をだますものではないのか?こういうことを許す体質は私は嫌いである.

というわけでau-KDDIは好きじゃない.しかし,最初にあげた価格・サービス面でソフトバンクよりも魅力的ならばもちろん乗り換える.ただ,今の情勢ではそこまでは多分期待できないだろうと思う.もしもauがソフトバンクを凌駕するようなプランを提示できるならば尊敬しよう.

カテゴリー: ずっと思う, iPhone | コメントをどうぞ

auからiPhoneだって!?

そろそろiPhone5の発表のイベントのアナウンスがあるはずだと今朝インターネットのニュースを調べていると,次期iPhoneはauからも発売されるという知らせが飛び込んできた.これはかなり衝撃的で,すでにあちこちでひと騒ぎになっている.もちろん正式な発表ではないが,それを最初に伝えた日経の記事はかなり確定的で,自信ありげな書きっぷりをしている.しかもこのニュースは朝日新聞の夕刊にも載っていた.これはもう確実と思わざるを得ないだろう.

iPhoneが日本で発売されたとき,私はこれを携帯電話における黒船だと言った(iPhoneが開国を迫る携帯鎖国ニッポン).あの頃,同じように思った人は少なくないはずだ.ところがドコモとauのお偉いさん方は違った.現実から目を背けようとしたのか,あるいは見る目がなかったのか,iPhoneをその他大勢の携帯機種と同一視したのだ.これがどういう結果を招いたかは山手線の車内の様子を見れば一目瞭然だ.

実を言うと,私は最近までauは沈みゆく泥船だと思っていた.というのも上で言及したお偉いさんの発言,例えば「日本のユーザーにスマートフォンはまだ早い」,「日本のユーザーは携帯のテンキーでの入力を好む」etc. があまりに頓珍漢だったからだ.トップがこんな見識ではこりゃダメだと思った.実際,auはここ数年ヒドい落ち込みようだった.ところが昨年社長が交代して少し風向きが変わってきたようだ.なんだかヤケクソ気味なところもあるが,これまでの保守的&上から目線のauとはひと味違った雰囲気を出している感じだ.ただし,まだ業績にははっきりと表れているようではないが.そんな状況のときに今回の報道である.

契約者数ではソフトバンクの猛追にあって,その足音が聞こえてくるauにとってはなりふり構わぬ事態であるとも言える.報道通りなら業界地図はまた塗り替えられるだろう.ソフトバンクの落ち込みは避けられない.しかし,携帯電話会社の浮沈よりも携帯電話を作る日本のメーカーの落ち込みの方が気になる.このままではiPhoneにやられっぱなしになる.私はiPhone使いだが,それは心配である.iPhoneのようなエコシステムを作り上げれば理想なのだが,日本のようにメーカーがいくつもあり,各携帯電話会社に横断的にハードを提供しているシステムではそれは難しい.日本のメーカーの技術で何とか頑張って欲しいものである.

カテゴリー: Apple, iPhone | 2件のコメント